常にお湯が出るための対策|給湯器がないと生活が不便になる|何かあった時の為の対処法

給湯器がないと生活が不便になる|何かあった時の為の対処法

作業員

常にお湯が出るための対策

給湯器

10年目には点検が必要

家庭に欠かせない器具といえばガス給湯器です。今ではほとんどが全自動になっているので、スイッチを押すだけでお風呂のお湯が沸かせます。キッチンでもお湯を使えます。非常に便利なので、故障した時の影響も大きいのです。特に冬の夜に故障するとお風呂に入れないので、大変困ります。家の外に置かれているため普段は気づかないのですが、ガス給湯器は縁の下の力持ちです。故障が起きる前に修理できるように、異変を察知することが大切です。基本的にお湯をたくさん使う家の方が給湯器の寿命は短くなるのです。大家族の場合は常にそれを意識して、定期的に点検するなどの対策をとります。一般的な給湯器の寿命は10年から15年なので、10年目に点検をします。修理が必要なら、思い切って新品に交換した方が安上がりです。

家族の人数に合った容量

ガス給湯器には容量があります。大きな容量なら楽にお湯が出ますが、小さい容量ならお湯の出方が遅くなります。家族が多くてお湯の使用量が多い場合で小さい容量の給湯器を使っていると、寿命が短くなりますし故障しやすくなります。家族の人数によって容量を選ぶことが大事です。最近は家を建てる時に床暖房を設置するケースが増えていますが、この場合もガス給湯器が活躍します。床暖房を設置した場合も給湯器の容量は大きくする必要があります。給湯器にはガスと電気の製品がありますが、オール電化の場合は電気を使用することになります。ただし停電時には使えなくなります。屋根に太陽光発電を設置すると、ガスや電気の料金を抑えることができます。